植え方を覚える|ガーデニングを始めてみるべし|ココぞで役立つ通販で準備万端

ガーデニングを始めてみるべし|ココぞで役立つ通販で準備万端

女の子

植え方を覚える

花を植える人

ガーデニング初心者には花を苗から育てるのがおすすめです。種から育てる手間も省けますし、道具も簡単に揃います。
まず用意する道具ですが、鉢と鉢の底に貼るためのネット、そして、鉢底石と培養土に肥料とシャベルです。これらの道具や土は通販などで簡単に揃えることができます。苗の植え付け方で気をつけることは、浅植えや深植えにならないようにすることです。苗をポットから出した時に根っこがしっかりと張っていたら鉢に植え付けましょう。根が十分に張っていない場合は慎重に作業する必要があります。根っこを痛めると花の成長に影響がありますので注意しましょう。鉢に入れる土には庭で使う土と比べて、量が少なくても花の根っこが活発に活動できるように、水分と肥料を吸収しやすい土が適しています。今では市販の培養土でも十分質が高いので安心です。それぞれの草花に合わせた肥料を使うとなお良いでしょう。
植え付けには、苗よりも一回り程度大きな鉢を用意します。鉢の底の方には穴が空いていますので、穴よりも少し大きなネットを穴の上に敷きます。このネットは土が流れていったり、虫が侵入するのを防ぎます。次に通気性と水はけを向上させるために鉢底石を敷きます。石は鉢の5分の1くらいの量を敷き詰めます。石を敷いたら鉢の3分の1程度の深さまで培養土を入れます。間に肥料を入れますが、緩効性肥料を選ぶといいでしょう。その上から培養土を加えて肥料と混ぜます。苗は根っこを少しほぐしてから鉢に植えましょう。最後に角度を整えて、たっぷり水を与えます。日陰で2~3日ほど管理したら完成です。あとは自分好みの場所に配置しましょう。